2018年11月02日

借金で思わぬ事態に陥らないために、注意してほしい

借金で思わぬ事態に陥らないために、注意してほしい事があります。


それは、自分で見積もった返済可能額は上限を見ずに、下限を見て予定を立てることです。


返しているお金は、いつもの同じお札のはずですが、時々で見た目が変わって見えることがあると言います。


誰でも返し初めの頃には、まだ自分の力を信じていて、意外に調子よく返していけることに浮かれ、もう返した気になってしまうことすらあります。


でも、一定額のお金を返済し続けることの困難さが分かるのは、折り返し地点以後のことです。


当初の予定を妨害するような試練が降りかかるかもしれません。


債務不履行になることだけは避けたいですから、金額設定ではそのことを踏まえた金額におさえ、そこから更に負担を削ることでリスクを減らせます。


会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。


キャッシングは生活費が切迫した時に使えます。


少しの借金で、生活費にあてることも方法としてあります。


現金収入があり次第、返済すれば良いので、容易に利用出来る方法でもあります。


どうしても、お金が必要になったら借金するという方法も計算に入れてください。


僕の兄は真面目でしたが、いつのまにかキャッシングしていてけっこう痛い目を見ていたんです。


現在の勤務先での飲み会はもちろん、同窓会、過去の勤務先での付き合いも律儀に出席していて、あっというまに金欠状態になり、そのあとはごく普通の流れで過去に一度だけ利用したことのあるキャッシングに手が伸びたんです。


でも、借りたお金ですから返さなければいけません。


そこで見なおせば良かったのに止めないものだから、そんなに大した額じゃなかったはずなのに借金が減らないのです。


保険を解約しようとしましたが、営業担当者が保険を担保に安い金利で借り入れできることを教えてくれて、キャッシング先に全額繰上げ返済できました。


でも、まだなんとなく不安です。


名前は知っているけれど、キャッシングとカードローンのサービスの違いがよくわからず、混同して覚えてしまっている方も珍しくありません。


おおまかに言えば、借入限度額が数万円程度と少ない小口融資を受け、一括返済が基本なのがキャッシングで、数十万から数百万円まで、大きな金額を借りることができるため、分割で返済するサービスをカードローンと呼びます。


こうした特徴を持つカードローンは、審査が厳しくなる傾向にあります。


収入証明なしにお金を借りることはできますが、ぜんぜん審査を受けずに借りるのは不可能だと思ったほうがいいでしょう。


普通の会社なら、担保や本人要件を審査した後に、信用に基づいた融資をしています。


審査がない(信用がない)のにお金を貸してくれるようなところは、背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定していると思ったほうが良いでしょう。


リスクのあることは考えず、『審査基準がゆるい』ローンを探すことに目を向けましょう。


カードローンなら楽天が審査が通りやすいという評判です。


著名な会社なのに貸金業では新参だからかもしれません。


断られた経験があって落ち込んでいる人でも、トライしてみる価値はあるのではないでしょうか。



Posted by 志免炭鉱 at 18:18

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
志免炭鉱