2018年10月31日

どんなに急いでいたとしても、カードローンを申し込

どんなに急いでいたとしても、カードローンを申し込む前にまず、入念に比較検討した方がよいでしょう。


消費者金融、もしくは、銀行からカードローンの借入が可能ですが、金利が低いのは大概銀行の方です。


しかし、その一方で、審査通過のしやすさは、消費者金融の半分といわれています。


その上、消費者金融の利用では、すぐさま借入できることが多く、双方にメリットとデメリットがあるようです。


消費者金融で現金を調達するときは審査をクリアせねばなりませんが、そのラインは会社次第でまちまちです。


よって、比較してみると誰でも借りやすい会社が存在しているということになります。


ですので、自分の支払い能力に自信がなくてもあきらめなくてもよいので、借りやすそうと思う会社を探してみましょう。


時々、思いもかけない臨時収入があって、返済資金に余裕が出る時があります。


キャッシングの返済は支払日以外に余分に返済しても問題ありません。


これは「繰り上げ返済」と呼ばれる返済方法で、利息は日割りで割り出されています。


早く返済できれば、早く元金を減らせますから、これからの利息分が少なくできるはずです。


ボーナス月や金銭的ゆとりが出た場合は、月々の返済以外に繰り上げ返済しておけば、返済額の総額が少なくできるはずです。


キャッシングの種類と特徴について、簡単に説明します。


キャッシングには銀行が提携したキャッシングと消費者金融があります。


銀行のキャッシングサービスは銀行系と総称され、特徴としては総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、配偶者が安定して稼ぎを得ているのなら、専業主婦でも借入することが可能です。


ノンバンク系のキャッシングはと言うと、なによりも業者の数が多いことが挙げられます。


返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。


ご存知の方が多いと思いますが、カードローンはそれなりの金利を払う必要があります。


具体的な金利は業者毎に違ってきますが、融資額が大きい程、低い金利になっています。


例えば、銀行系のカードローンの金利は3%から15%などとなっていますが、借入額が少ない時は、設定されている金利の上限での契約がほとんどでしょう。


借入時に発生する金利は、1日ずつの日割りで算出していきます。



Posted by 志免炭鉱 at 16:54

QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
志免炭鉱